IT the Best

HTML/CSS/JSに関する情報やはてなブログのカスタマイズに関する情報を掲載しています。

「JavaScript」URLから画面別に処理を実装させる

f:id:Surprisedblog:20190608122028p:plain

URLを取得する

・URLすべてを取得 
let url=location.href
console.log(url)//"https://www.it-the-best.com/"
ドメイン(FQDN)後の文字列(パス名)を取得
let path=location.pathname
console.log(path)//"/"

 

画面を判断する

・パス名で判断する場合

 当サイトのホーム画面のパス名は「"/"」のみになるので、location.pathnameが"/"のときにホーム画面と判断します。

let path=location.pathname
if (path=="/") {
/*ホーム画面で動作させたい処理
...*/
}

 もしホーム画面のパス名が「"/"」以外であれば、ホーム画面のURLのドメイン名後の文字列(パス名)と比較させます。

例)ホーム画面のパス名が「"home"」のURL:https://hatena.hatena/home

let path=location.pathname
if (path=="/home") {
/*ホーム画面で動作させたい処理
...*/
} 
・URLで判断する場合
let url=location.href
if (url=="https://www.it-the-best.com/") {
/*動作させたい処理
...*/
}
プロトコルで判断する場合
let protocol=location.protocol
if (protocol=="https:") {
/*動作させたい処理
...*/
}
・クエリー文字列から判断する場合
let search=location.search
if (search=={クエリ文字列}) {
/*動作させたい処理
...*/
}

 

他にも、URLの情報の取得には様々なものがあります。

www.it-the-best.com