IT the Best

HTML/CSS/JSに関する情報やはてなブログのカスタマイズに関する情報を掲載しています。

【JavaScript】エラーを回避するorエラーを条件分岐に使う「テクニック」 | 【try catch】

f:id:Surprisedblog:20190608122028p:plain

try catch文

try{
}
catch(error){
}

使用方法

 tryのカッコ内にテストしたい(エラーになる可能性がある)文を入れ、catchのカッコ内にはtryに入れた文がエラーとなったときに処理させる文を入れます。

  • try:通常処理
  • catch:例外時処理
catch

 catchには引数を指定することでエラー情報を入手できます。

catch (e){
    console.log(e)
//エラー情報(例外情報) }
finally

 finally{}はtry,catchのあとに実行されるブロックです。try,catchどちらが実行されてもfinallyブロックは実行します。

try {} 
catch(e) {}
finally {}

効果

 try catch文を利用することで、エラーを回避する(エラーをはかせない)ことはもちろん、エラーを条件分岐として利用することもできます。